自分らしく咲く

遺伝子の傾向からの脱却?

Posted by きょんにゃん on   0 

先日、「遺伝子と傾向? 」という記事を書いた。内容は、

「思考が病気をつくるのだとしたら、遺伝的要素がもたらす影響というのは、
自分で設定してきた課題的な思考癖、ということなのかな?
…それが発動しないこともあるけれど、ない人よりは発動しやすいので、発動させるような思考には注意が必要、みたいな。」


昨日きたオリゲの記事の中にそれの答えのような記事があったw
ifさんの周辺にいる14番さんのところの記事を抜粋すると



…家系に生まれた人の心の癖のようなものはたしかに「有ります」。…
例えばガン家系に生まれた人はガンになるような意識を持っている。…
それは遺伝子が原因だとも言えるし思いの癖が原因だとも言えます。…
そこから逃れるのはかなり困難ですが全部解消は出来ないにしても、生まれてから自力で高波動を獲得するとかやりようは有る

とw
「高波動を獲得する」
つまりは、意識や思考力をあげる…要は、ましな思考をする力をつけにゃいかん
つーことですよね σ( ̄∇ ̄;)


今の職場で、二人続けて引き継ぎをした。
二人とも事務のいろは的なもののベースがなくて教えるのに苦労した。

一人は全く「事務」的なものが出来なかった。
まっ、覚える気がなかった、というのが一番の要因だと思うけれどw

もう一人は、型にはまったことは出来るけれど、それを応用したり、前後の流れをみたり、全体を見たりをしないので驚いた。
で、仕事を教える時に相手にないと困る順をあげてみると

①やる気があるか (これがないと全て無駄w)
②聞く気があるか (覚えるのにはまず耳を傾けていてくれんと)
③過信しないか  (確認をするということをしなくなる)
④ベースがあるか (①②があればなくてもいけるけど努力が超必要)
⑤意味を考えるか (⑤と⑥があれば応用が可能になるかと)
⑥流れや全体をみるか

だけど、これを「高波動を獲得」のためにと置き換えてみると

①やる気
②赤子の心
③謙虚
④冊子やぐれん等
⑤思考
⑥俯瞰

みたいな?
内容は異なるけれど、私は引き継ぎを通して整理を促されていたのかな。
私は仕事のことばかり見て、なんでこの二人が来たのか不思議だったけど、それこそ仕事のことのみならず「すべて」を見ていればもう少し早く気がついたのかな。
まだまだっすねぇw ┐('~`;)┌

ちなみに三人目はどんな人がくるのか、現職での私の卒業(転職)はいつなのかw

きょんにゃん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。