自分らしく咲く

絵葉書 其の二

Posted by きょんにゃん on   0 

「フランス」と聞いても、すぐ思いつく事はなかったw
これまで、フランス産のハーブティーを買っていた時期があった程度。

家で映画を見る事が割と多いけれど、フランス映画ってみないんですわっ
フランス語を聞いていると疲れるというか、あまり耳触りがいいと感じないから。
(そういえば、姉は逆にフランス映画って結構好きだと言っていたな~)

となると、またイギリス前世の時のように、結構大変な前世だったのかしら?w
絵の前世が「イギリス」と聞いた時、いい感情が湧かなかったからw
でもフランスと聞いて変な感情は湧かない「フランス語」の耳触りが微妙なだけ。
フランスには居たけれど、フランス人ではないのかもしれない。イタリア人とか。

そして「ルーヴル美術館」となると、またまた印象が変わってくる♪
宮殿。ルネサンス。多くのすばらしい芸術品が収蔵されている場所 (*´∀`)キラキラ

となると「ルーヴル美術館」に関わった外国人というところかな。
問題は、どう関わった人物なのか?だなぁ~w (´;ω;`)

きょんにゃん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。