絵葉書 其の二

「フランス」と聞いても、すぐ思いつく事はなかったw
これまで、フランス産のハーブティーを買っていた時期があった程度。

家で映画を見る事が割と多いけれど、フランス映画ってみないんですわっ
フランス語を聞いていると疲れるというか、あまり耳触りがいいと感じないから。
(そういえば、姉は逆にフランス映画って結構好きだと言っていたな~)

となると、またイギリス前世の時のように、結構大変な前世だったのかしら?w
絵の前世が「イギリス」と聞いた時、いい感情が湧かなかったからw
でもフランスと聞いて変な感情は湧かない「フランス語」の耳触りが微妙なだけ。
フランスには居たけれど、フランス人ではないのかもしれない。イタリア人とか。

そして「ルーヴル美術館」となると、またまた印象が変わってくる♪
宮殿。ルネサンス。多くのすばらしい芸術品が収蔵されている場所 (*´∀`)キラキラ

となると「ルーヴル美術館」に関わった外国人というところかな。
問題は、どう関わった人物なのか?だなぁ~w (´;ω;`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きょんにゃん

Author:きょんにゃん
まとめるために書く。成人期
役 割:学者(吸収軸・中立)
目 標:成長(霊感軸・高位)
モード:情熱(霊感軸・高位)
態 度:皮肉(行動軸・順序)
主特性:セッカチ(行動軸・高位)
生命体:高等3番ナイイ[755]
   (元1番昆虫系天使降格)

絵は「自分らしく咲く花」ifサン。
私の本質は「花」だそう。絵は本質のお知らせだったんだなぁと。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR