自分らしく咲く

前世カードⅥ ~ かーちゃんず (追記あり 2018/3/11)

Posted by きょんにゃん on   0 

姉との前世の結果をうけ、次は母との共通の前世がきた、内容を読むと
今世での謎が腑に落ちてきましたw

下記、三つ全て「母と姉と私」が絡む前世でした。(2018/3/11)



K様とお母様の共通の前世は、この絆(姉)によって引き寄せられたものです。
K様とお母様は同じ転生のグループにあってもほとんど接点がありませんでした。
以下、鑑定結果です。

お母様との共通の前世は、お姉様を介してのもので、お姉様の課題を助けるための物でした。
お母様の魂は頑固な心の持ち主で、自分とは違う価値観に対する許容性が低く、そのために学びが滞りがちでした。
お姉様はお母様の魂に赦しと許容を教えることを課題としていました。
そして、お母様と真逆ともいえるほど違った価値観の持ち主であるK様に助けを求めました。


--------------------------------------------

◆一つ目

赤ちゃん、母親、ギリシャ・ローマ   補助 銀河系、カルマの人間関係
紀元前9世紀以前、ギリシャ・ローマ、女性
学者、芸術家、奴隷、宗教家など


K様は今世と同じくお母様と母娘でした。
お姉様は妹として生まれましたが、生まれつき体が弱く手がかかりました。
幼いうちにお姉様は亡くなりましたが、お母様はその間お姉様にかかりきりで、K様にはさみしい思いをさせたと気に病んでいました。
一方、K様はそれ程さみしいとも感じておらず、仕方ないと割り切っていました。
お母様は、それを信じず強がりだと決めつけて、罪滅ぼしとばかりに何かと世話を焼いてきたようです。
K様はうんざりして、大人になると、さっさと家を出ていきました。
この前世ではK様とお母様は平行線で、全く歩み寄りもなく、お母様の学びは進みませんでした。


--------------------------------------------

◆二つ目

誓い、恐怖症、健康  補助 許し
紀元前7世紀、女性、平民
アトランティス、アフリカ、南北アメリカ、オセアニアなど


この前世でもK様とお姉様は姉妹で、お母様は母親でした。
お母様は幼いころに疫病で家族を亡くし、病気に対する恐怖や身近な人がいなくなることへの恐怖が人一倍強かったようです。
K様姉妹に、いつまでも自分のそばにいること、決して自分を見捨てないことを約束させていました。
大人になって、お姉様は結婚して家を出ましたがしばしば家に帰ってきて母親に顔を見せていました。
お母様はK様には結婚などはせずにいつまでも自分のそばにいてくれと懇願していました。
一人になるのが怖い。
そう訴えていました。
やがてK様は心のバランスを崩し、それが体にも波及しました。
原因不明の体調不良で、日ごとに体が弱り、寝たきりになりました。
お母様は、そこでようやく気付きました。
自分は、病気で苦しむ娘のことよりも、娘に先立たれてしまったら自分はどうなるのかという事しか頭になかったという事を。
しかし、気付いた時には手遅れでした。
ただし、この人生において、自分の過ちに気付くことができたのは大きな一歩でもありました。

--------------------------------------------

◆三つ目

乗り物、アトランティス、修道士  補助 メディスンマン、ケルト
3世紀、男性


この前世ではK様とお母様は修道士でした。
二人は修道士としての在り方、考え方が全く異なっていて、たびたび激しい議論を繰り返していました。
お姉様は修道院長として二人を見守っていました。

ある日、修道院に1台しかない馬車の使用について議論が起こりました。
お母様は遠い街で行われる宗教儀式に参列する自分が使うべきだと言い、K様は近くの村で出た急病人を医者のもとに連れ地区ために使うべきだと主張しました。
お姉様は時々二人の議論に言葉をはさみ、それとなく話を誘導しました。
そして、丁度良い折衷案に辿り着くことができました。
この経験を起点にして、価値観が真逆ともいえる二人が歩み寄る方向に進むことになりました。

この3つの前世で、お姉様の課題は少しづつ動いてきました。
今もそれは続いています。




一つ目の『銀河系』について聞いたころ

生まれてくる前の『あの世』を指していることが多いので、転生のグループを指しているとみて間違いないと思います。

とのこと。
「銀河系、カルマの人間関係」まさにスタート!って感じのカードですねw

つづく

きょんにゃん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。