自分らしく咲く

オラクルカード

Posted by きょんにゃん on   0 

今朝見た夢 記録のために



Ifさんが我が家に来た(現実の家ではない)
「あれ?ifさん」と思う私
ifさんはオラクルカードをやりに来たよう

最初何枚か少なめのカードでやったが
何枚かでやるのでは分からないので全部つかうのにしよう
(というような内容だったような)
ということになり、沢山のカードを使ってやり始めた
(量的にいうとオラクルカードと言うより、タロットカードの量に近い)
並べ方はトランプの神経衰弱に似た感じで並び、数枚の山になっていた

ifさんがカードを並べ、ひき始める
私は横で説明書を見ながら読もうとするけれど、ところどころ脱字?があって意味が読み取れない
(途中までは読めていたけれど内容は覚えていない)

私は、作者?に電話をして聞こうとするが、
作者は電話に出られない(このあたりの記憶はあやしい)ようだ
何故なんだろうと思っている?と、急に作者の家になり、見ると
作者らしき人はドレスを選んでいる貴婦人?の通訳としているのか
貴婦人の横でヘッドフォンをつけて机に座っていた。

その貴婦人は陽気な能天気な感じの女性だった
貴婦人?は、ドレス選びが中々決まらず時間がかかっているようだ
作者は私と目が合うと目配せで「中々終わらない」というような表情だ。

貴婦人がどれを選べばいいかというようなことを周りに言うので
私がズバリ何か(どういうのが似合うとか、周りが思ってはいるけれど言えなかったようなこと)を言った。
言った内容は今は忘れたが、スッキリしたようなw

というような夢
もうちょっと何かあった気もするけれど忘れた。



ifさんが夢に登場することはめったにないので書いてみた。
昨日、冊子がそろそろ出るとあったので、ifさんが頭の片隅にあったのかしら。

オラクルカードは美しいものが多いけれど、夢の中のカードも綺麗だった。

きょんにゃん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。